2008年01月26日

07年中古マンション価格

首都圏中古マンション価格、07年1年間で15%上昇/東京カンテイ調査

(株)東京カンテイは24日、2007年1年間の中古マンション70平方メートル価格集計を発表した。月ごとに調査している中古マンションの価格推移を年間で集計したもの。
07年1年間の首都圏中古マンション価格は、平均で2,900万円となり、前年比15.1%の大幅上昇かつ、2年連続の上昇となった。主要都市別にみると、東京 23区が4,333万円(前年比23.7%上昇)と4,000万円を突破。横浜市2,629万円(同13.7%上昇)、千葉市1,698万円(同4.8%上昇)、さいたま市2,072万円(同5.1%上昇)と全面的に価格が上昇。都県別でも、東京都3,943万円(同22.7%上昇)、神奈川県2,465万円(同12.0%上昇)、埼玉県1,800万円(同5.3%上昇)、千葉県1,746万円(同5.6%上昇)と同様の伸びとなった。
一方近畿圏も、1,818万円(同9.0%上昇)と、前年を上回る上昇となったほか、中部圏も1,470万円(同6.7%上昇)となった。
同社は、価格上昇の要因について、(1)新築物件の価格上昇による中古流通の活性化、(2)築浅物件の流通量増加、(3)地価の上昇、(4)都心部の新築物件上昇による購入者の中古へのシフト、などを挙げている。
(提供/R.E.port

2007年の首都圏中古マンション価格は上昇しているものの、急激な上昇に消費者がついていっていないのも現状だと思います。
売れない新築分譲マンションを売り切るには価格を下げるしか方法はありませんね。
つまり新築マンションの価格上昇がひとつの要因だとすると、売り切る為の価格改定が中古マンション価格にも影響を及ぼすでしょう。
2008年は東京23区のように急激に上がり過ぎた価格が落ち着く年になると思います。

参考になったらクリックお願いします!!
posted by 不動産専門家 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。