2008年03月21日

上場不動産開発会社「レイコフ」倒産

やれば絶対儲かります!!しかも簡単!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


純粋持ち株会社
大証ヘラクレス上場
株式会社レイコフなど3社
民事再生法の適用を申請
負債426億2900万円

「大阪」 ヘラクレス上場の純粋持株会社(株)レイコフ(資本金21億8884万2500円、大阪市中央区瓦町3−5−7、代表小川哲男氏、従業員39名)、子会社の(株)レイコフインベストメント(資本金9900万円、同所、同代表、従業員12名)、(株)ホスピタリティインベストメント(資本金1000万円、大阪市中央区瓦町4−3−7、同代表)の3社は、3月20日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。

申請代理人は、池田裕彦弁護士(大阪市北区堂島1−1−5、電話06−6341−7407)ほか7名。同日、石井教文弁護士(大阪市北区堂島浜1−2−6、電話06−6344−1550)が、監督委員に選任されている。

(株)レイコフは、2001年(平成13年)8月に不動産鑑定などを行うグループ企業の持株会社として設立。2005年5月に大証ヘラクレスに株式を上場。グループに(株)レイコフインベストメント、(株)ホスピタリティインベストメントなどの連結子会社を有し、当社を中心に、住居用不動産の投資顧問業(ファンド組成・運用)および賃貸用収益物件の取得・売却などを手がけ、2007年8月期には連結ベースで年売上高約239億1200万円、単体ベースで約9億5400万円をあげていた。

しかし、2006年末頃に進出したホテル関連事業で、サブプライムローン問題に端を発する金融市場・不動産市場の悪化により、取得・開発資金の調達難・手元資金の流出を招いたことに加え、ファンドに対するホテルの売却も進まず資金が固定化。また、ホテル以外の物件の売却も進まず、借入金の増加による金利負担増で財務体質が急激に悪化。今年2月には投資企業からの約10億円の資金調達を決定していたが、調達が1ヵ月延期となり、返済がストップ。以降、金融機関からの資金調達が事実上不能となり、今回の措置となった。

負債は、(株)レイコフが107億7505万4049円、(株)レイコフインベストメントが225億5503万6736円、(株)ホスピタリティインベストメントが92億9971万2734円で、合計約426億2900万円。なお、2008年の上場会社の倒産は、(株)グレース(東京都渋谷区、大証2部、2月12日自己破産)に続いて2社目となる。
(提供/帝国データバンク)

サブプライム問題による金融引締めと不動産市況の悪化の影響が大きかったんでしょう・・・
今や不動産業界は綱渡りの状態ですね。
数年前の出口であるファンドが買わなくなってきていますから、大型の在庫を抱えた業者はかなり厳しいと思います。
ファンドも買っているところは買っているんですけどね・・・
二極化が進んできたんでしょう。

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ

posted by 不動産専門家 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。