2008年08月23日

「青島建設」破綻

建売・建築工事
青島建設株式会社
破産手続き開始決定受ける
負債48億円


「神奈川」 青島建設(株)(資本金8000万円、横浜市戸塚区川上町135-1、代表青島健次氏、従業員11名)は、8月18日に横浜地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は、前田康行弁護士(横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル3階、弁護士法人MAEDA YASUYUKI法律事務所、電話045-640-4710)。

当社は、1997年(平成9年)4月に設立された建売業者。当初は仲介主体の運営にあったが実績を積み建売に移行。横浜市内を中心に川崎、横須賀、湘南地域で1案件5棟前後の建売を展開するほか、注文住宅の建築工事やアパートの一棟売りも手がけて業容を拡大し、2007年5月期には年売上高約56億7900万円をあげていた。

しかし、サブプライムローン問題に端を発した不動産市況の急激な悪化から、主力の建売部門の販売不振や土地仕入れに伴う借入れ負担で収益が圧迫されていた。所有ビルやアパートの売却を進めたほか、在庫圧縮に向け販売用不動産の値引き販売にも取り組んだものの、業況が回復せず資金繰りは悪化し、事業継続が困難になっていた。

申請時の負債は約48億円。
(提供/帝国データバンク)

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ
posted by 不動産専門家 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。