2008年10月31日

「株式会社ノエル」倒産、自己破産へ

総合不動産業
東証2部上場
株式会社ノエルなど2社
破産手続き開始決定受ける
負債417億円


「神奈川・東京」 東証2部上場で総合不動産業の(株)ノエル(資本金22億6905万4466円、川崎市高津区二子5-1-1、代表金古政利氏、従業員283名)と(株)ENR(資本金5777万5000円、港区虎ノ門1-4-3、代表奥村秀哉氏ほか1名、従業員16名)の2社は、10月30日に東京地裁へ自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は渡邊顯弁護士(港区虎ノ門4-3-1、電話03-5405-4080)。

ノエルは、1969年(昭和44年)9月創業、72年(昭和47年)2月に法人改組した中堅デベロッパーで2007年8月に東証2部へ上場を果たしていた。東急田園都市線中心に「グランノエル」シリーズのマンション分譲や用地売買を主体に運営、そのほか建売、仲介・管理も手がけ、近年はマンション用地の需要が旺盛であったほか、投資用賃貸マンションや商業施設など不動産ファンド向けの開発物件が好調で年々業績を伸ばし、2007年8月期には年売上高約777億9200万円をあげていた。

しかし、改正建築基準法による建築確認の遅延、分譲住宅価格上昇に伴う顧客の買い控えに加え、サブプライムローン問題に端を発した金融市場の混乱等、不動産業界を取り巻く急激な変化で、2008年8月期の年売上高は約653億円にまで落ち込み、売買契約の解除等に伴う費用などで最終損益は約54億3000万円の欠損に転落する見通しを発表。ここ数年は、拡大路線を推し進めてきたことで資金需要は旺盛で、これらを金融機関からの借り入れに依存してきたため、不動産市況の悪化が経営を圧迫。販売用不動産の販売促進による棚卸資産の圧縮や経営効率化を目指すとともに、資本提携先を模索してきたが実現に至らず、保有物件売却計画の大幅な遅れや借入金の返済遅延、その他未払いの発生など資金繰りはひっ迫し、今回の措置となった。

ENRは2004年(平成16年)4月に設立した不動産会社。都心の高級住宅に特化したプロパティマネジメント事業や賃貸・売買仲介を行い、2007年8月期には約9億8000万円の年売上高を計上していたが、ノエルに連鎖する形となった。

負債は、ノエルが約414億円、ENRが約3億円で2社合計で約417億円。

なお、2008年に入ってからの上場企業の倒産は、山崎建設(株)(ジャスダック、10月、会社更生法)に次いで27社目(上場廃止後のエー・エス・アイ(株)を含む)で、うち上場不動産会社の倒産は11社目。
(提供/帝国データバンク)

ノエルも厳しいと言われてましたからね・・・
こうなるのも時間の問題だったような気もします。
一時期、地方の転売用地の情報がいくつも流れていましたね。
結局は在庫です。

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ
posted by 不動産専門家 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108863479

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。