2008年01月24日

首都圏マンション市況(07年12月)

不動産経済研究所による2007年12月度の「首都圏マンション市場動向」について。

12月の新規発売戸数は8190戸で前年同月比20.2%減少となりました。

11月度は3868戸なので前月比では増加です。

戸当たりの価格は4,447万円(前年同月比10.9%上昇)で平米単価は58万3,000円(同11.5%上昇)。

契約率については11月の64%を下回る59.3%(同14.1ポイント減)となり60%を割り込みました。

即日完売物件は東京都品川区の「ルフォン御殿山」で平均価格は1億966万円、他16物件440戸だそうです。

20階以上の超高層物件は17物件566戸で契約率は80.9%でした。

1月の発売戸数は11月を下回る3500戸前後となる見込みのようです。

売れていないのは郊外型のマンションですね。在庫が残っているマンションもかなりあります。

新日鉄都市開発と東京建物が分譲中の東京都東村山市内の大規模マンション「ココロコス東京久米川」(販売戸数406戸)も大幅に価格を下げるなどの対処をしています。
(66u・3,158万円→2,350万円、81u・3,818万円→2,990万円)

売れ残りの残戸物件をどう処理していくかが重要になってくるでしょうね。

参考になったらワンクリック!!
posted by 不動産専門家 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。