2008年02月12日

「グランドステージ藤沢」建替決定

「GS藤沢」建替決議を可決、事業協力はリッチライフ社

 姉歯秀次元1級建築士が耐震偽装した分譲マンション「グランドステージ(GS)藤沢」(神奈川県藤沢市)の管理組合は2月10日、建替決議を可決した。事業協力者は横浜市のリッチライフ(石田薫社長)。2年後の10年3月竣工を目指し、今年9月にも着工する予定だ。管理組合の鈴木元生代表は、「紆余曲折はあったものの、元の場所に戻れることが決まり本当にうれしい」と喜びを語った。

 新たなマンションとして、地上13階地下1階建て・総戸数43戸の物件(GS藤沢は総戸数30戸)に建て替える。もともと入居していた17世帯のうち、新たなマンションに移り住むのは13世帯。それぞれに、105平方メートルのスペースが割り当てられる。

 再入居者は、105平方メートルをそのまま住居用とするか、リッチライフ社が提供する賃貸併用プラン「リッチライフプラン」とするかを選択できる。105平方メートルを、25平方メートルの賃貸部分と80平方メートルの自己居住用に分ける同プランを採用すれば、25平方メートルの賃貸収入により1,500万円から2,000万円と見られる追加の建築資金をカバーできる試算だ。「最大の懸念だった2重ローンの問題を一気に解決できる」(住民の一人)プランとして住民から支持を得た。現時点で、半分程度の再入居者が同プランを希望しているという。

 残りの30戸については、リッチライフ社が同プランを織り込んだ企画で分譲する。石田社長は、「正式に事業協力者としての認定を受けた。皆様のお役に立てるよう頑張っていきたい」と語った。

 ヒューザーが分譲した物件で、行政側が使用禁止命令(耐震基準が0.5未満)を出していたマンションは11棟。そのほとんどが耐震改修や建て替えなど再建が進む中、実質的に最後だった「藤沢」も、解決への一歩を踏み出した格好だ。
(提供/住宅新報・2008年2月12日)

やっとここまできたって感じですね・・・
建替え費用もどうなることかと思いましたが、プラン次第では住民の負担も軽減できるということですね。
耐震偽装問題は改正建築基準法など業界に大きな影響を与えました。
改正建築基準法は改悪などと言われましたが後になって業界が活性化できれば良いと思います。

参考になったらクリックお願いします!!
posted by 不動産専門家 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。