2008年02月28日

アジアでの不動産投資ビジネス

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アジア不動産、野村が投資拡大

野村グループがアジア市場での不動産投資ビジネスに本格参入する。中国やインド、ベトナムなどで現地の不動産会社と組み既存物件に投資するほか、商業用不動産の開発にも取り組む考え。野村は今後、欧米の機関投資家がアジアの不動産市場への投資を大幅に増やすとみており、投資家の資金を集めてアジアの不動産を投資対象にしたファンドの組成をめざす。

野村は昨年、日本政策投資銀行と共同で国内不動産への投資会社「DBJ野村インベストメント」を設立。国内投資家を中心に資金を集めて不動産ファンドを運営する体制をつくった。欧米の年金基金など海外から資金を集めるためには、国内に加え、経済が急成長するアジア各国で不動産に投資できる体制を整備する必要があると判断した。
(提供/NIKKEI NET)

アジアへの進出は各デベロッパーも積極的ですね。
J−REITが海外の不動産投資をすることについても解禁する方向で動いています。
急成長のアジアでの不動産市場は今後の不動産ビジネスとしては重要になってくるでしょうね。

ランキング参加中です!クリックお願いします!

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。
posted by 不動産専門家 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。