2008年03月06日

三井・三菱によるロンドン再開発

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ロンドンの再開発プロジェクト「ボウベルズ・ハウス」竣工/三菱商事、三菱地所

三菱商事(株)と三菱地所(株)は、英国・ロンドンにて共同で進めてきた「ボウベルズ・ハウス(Bow Bells House)再開発プロジェクト」の竣工式を6日に執り行なうと発表した。

同プロジェクトは、三菱商事が所有していた土地・建物を、オフィス・店舗からなる複合ビルへと再開発した事業。シティの中心「バンク」駅と「セント・ポール」駅をつなぐメインストリートである「チープサイド通り」に面した交通至便性の高いロケーションに位置しており、また、歴史的建造物であるボウ教会に隣接している。

オフィスは、欧州大手金融機関バンクオブアイルランド、ランズバンキが入居し、満室で稼働している。また、商業店舗にはカフェやレストラン、物販店等が入居を予定している。

三菱商事は、これまで北米中心に海外不動産事業を展開してきたが、同プロジェクトの竣工を契機に、英国はじめ欧州の不動産事業に積極的に取り組んでいくとしている。

また三菱地所は、2009年竣工予定の「セントラル・セント・ジャイルス・プロジェクト」をはじめ、今後もロンドンにおける開発事業を積極的に展開していく方針。
(提供/R.E.port)

海外での不動産プロジェクトについては詳しいことはわかりませんが、今後J−REITの海外不動産への投資解禁なんかを考えると重要なビジネスになるでしょうね。

ランキング参加中です。クリックお願いします!!

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。

posted by 不動産専門家 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88504368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。