2008年03月13日

新生銀行本店ビル売却

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新生銀、本店ビル売却・1180億円で外資系ファンドに

新生銀行は13日、東京・内幸町の本店ビルを外資系ファンドに売却すると発表した。売却額は1180億円。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)関連の損失拡大を受け、利益の確保が狙いとみられる。今回の売却で新生銀は660億円の特別利益を計上する。

銀行の本店ビルを巡っては、りそなホールディングスも東京・大手町の本社ビルを売却する方針を固めている。

新生銀は当面は賃料を支払って現在の本店ビルにとどまるが、3年以内に移転する。現在の本店ビルは、前身の旧日本長期信用銀行の本店として1993年に完成。新生銀の連結子会社が本店ビルの信託受益権を保有しており、今回、米証券大手モルガン・スタンレー系の不動産ファンドに売却する。新生銀は今回の売却について「資産を効率的に活用するため」と説明している。
(提供/NIKKEI NET)

新生銀行は公的資金が注入されていますから、当期利益420億円の確保が絶対条件になります。
今回の発表で当期利益430億円から500億円へ70億円の増額修正をしていますが、サブプライムの影響が大きいんでしょうね。

銀行のサブプライム関連損失はどこまでいくんでしょうね・・・

ランキング参加中です。クリックお願いします!!

『毎日3000円稼げる画期的な術』←無料情報です。
posted by 不動産専門家 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。