2008年05月01日

大和住販倒産

建売住宅分譲
株式会社大和住販など2社
民事再生法の適用を申請
負債62億2300万円

「東京」(株)大和住販(資本金8000万円、板橋区上板橋3-2-1、代表坂本春男氏、従業員29名)と関係会社の(株)大和建設(資本金2500万円、板橋区常盤台4-35-4、同代表、従業員61名)の2社は、4月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は松田耕治弁護士(千代田区丸の内2-2-2、電話03-6212-5500)ほか4名。監督委員は山本卓也弁護士(東京都港区新橋1-18-12 、電話03-3593-7605)。

(株)大和住販は、1996年(平成8年)11月設立の建売住宅分譲会社。東京都城北・城西地区をテリトリーに、木造住宅を中心に鉄骨造住宅にも進出。昨今は、マンションの一棟売りにも進出し、2007年(平成19年)10月期の年売上高は75億6500万円を計上していた。

(株)大和建設は、2000年(平成12年)4月設立の建築工事会社。系列の(株)大和住販の下請として同社から建築工事を請負うことを中心に、一般個人などからの直接受注もあり、2007年(平成19年)3月期の年売上高は33億100万円を計上していた。

しかし、昨年からの不動産市況の悪化によって(株)大和住販は販売不振となり、資金繰りが悪化。同社からの受注が売上の大半だった(株)大和建設の資金繰りにも影響し、今回の措置となった。

負債は、(株)大和住販が55億500万円、(株)大和建設が、7億1800万円。2社合計で62億2300万円。

なお、債権者説明会は、5月2日午後1時30分から板橋区立文化会館で開催予定。
(提供/帝国データバンク)

またまた不動産業者の倒産です。
大和住販という会社は他にもありますが・・・
横浜の大和住販はまったく関係ないですね。

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ
posted by 不動産専門家 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。