2008年05月11日

超高層マンションの資産価値は堅い!?

超高層物件の人気、資産価値にも影響 東京カンテイ
東京カンテイはこのほど、「物件最高階数別の2007年リセールバリュー」に関する調査結果を発表した。首都圏で97年に分譲された物件について、その物件の最高階数が何階かによってマンション価格の維持率を調査したもの。

それによると、最高階数が20階以上の物件では、いずれも80ポイントを超えているが、20階未満の物件では、70ポイント台となり、超高層物件の人気が資産価値にも影響している結果となった

超高層マンションは、ランドマーク物件であること以外に、展望ラウンジやゲストルームなど、高層階の共用施設が充実していることもあり、中古流通時においても価格に対する大きなアドバンテージを持っていることが分かった。
(提供/住宅新報)

中古にしても高層階の物件の方が価格が高いのは当然ですが、最高階数というよりは付加価値が重要なポイントになっていますね。

超高層マンションの方が共用施設が充実していることが多いのも事実ですので、マンション購入の際には参考にしたいですね。

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ
posted by 不動産専門家 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。