2008年06月08日

株式会社矢緒企画倒産

マンション分譲
株式会社矢緒企画
事業停止、自己破産申請へ
負債60億円


「福岡」 (株)矢緒企画(資本金8000万円、大牟田市大正町4-5-3、代表矢納康行氏、従業員42名)は、6月5日に事業を停止し、事後処理を森元龍治弁護士(福岡市中央区大名2-10-4、電話092-724-1001)ほか2名に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1983年(昭和58年)9月創業、86年(昭和61年)2月に法人改組したマンション開発・販売業者で、当初は不動産売買・賃貸・仲介などを手がけていた。2003年より、自社企画の「FESTIO」(フェスティオ)ブランドのマンションを中心とした展開となり、2003年11月期には「FESTIO久留米」を皮切りに「南林寺」「堂の前」「神水苑」など同シリーズの販売を積極的に進めていた。2007年11月期の年売上高は過去最高の約69億2500万円を計上していた。この間、福岡県大牟田を拠点に、長崎、鹿児島、福岡、熊本など九州エリアで事業の拡大を図る一方、有名女優を使ったテレビCMで知名度を上げるなど、地場中堅クラスに成長していた。

2005年10月には新潟支店を開設、同地区で初の物件となる「FESTIO万代アヴァンタージュ」を開発したが、販売不振から資金の固定化を招いていた。さらに追い打ちをかけるように、サブプライムローン問題を発端とした不動産向け融資の抑制から資金調達が困難な状況に陥り、先行き見通し難から今回の事態となった。

負債は60億円。
(提供/帝国データバンク)

ここ最近になって不動産業者の倒産が目立つようになりましたね・・・
不動産市況からいって、まだまだ予断を許さない状況です。

ランキング参加中です!!クリックお願いします!!

誰でも簡単に稼げます!!絶対稼げる方法はコチラ
posted by 不動産専門家 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。